経費の領収書がない場合


経費にするには領収書が必要ですが、必ずしも領収書が出る状況とは限りませんよね。

領収書がない場合、ポイントとなるのは以下の点です。

日付
支払い先
支払い金額
支払い内容

これらの情報が記載されていれば、領収書の代用とできます。

レシートはもちろん、クレジットカードの利用明細(請求書ではない)、出金伝票、ネット通販の確認メールなども、領収書の代わりとなり得ます。

ただし、金額が大きいものや、特殊なものを購入する際は、領収書があった方がベターでしょう。