クレジットカードで払った場合


支払いをクレジットカードで行った場合、帳簿にはどのようにつければいいのでしょうか。

それは、カード(引き落とし口座)が事業用なのか、プライベートなものなのかによって変わります。

1.事業用のクレジットカードの場合
クレジットカード(引き落とし口座)が事業用の場合、購入した日と、カードの引き落とし日の2回、帳簿につける必要があります。
例えば、以下のように計上します。

・購入日
(借方)消耗品費 2,000 / (貸方)未払金 2,000
・引き落とし日
(借方)未払金 2,000 / (貸方)普通預金 2,000

2.個人用のクレジットカードの場合
プライベートなカード(引き落とし口座)の場合、カードの引き落とし日には会計処理が不要です。
購入日のみ、記帳します。

・購入日
(借方)消耗品費 2,000 / (貸方)事業主借 2,000


2.の方が、手間が少ないですし、引き落とし日に帳簿をつけ忘れた!なんて心配もないですね。