年をまたぐ経費について

確定申告に向けて、年末の経費の処理についてです。 たとえば電気代やガス代など、使用した分の請求が年をまたぐ場合、仕訳はどのようにすればよいのでしょうか。 そういった場合、請求日(検針日)を含む月に計算することになっています。 たとえば、使用期間が11/16~12/15、検針日が12/16の分を12月分として計上し、12/16~1/15の方は、12月に使用した分が含まれていま…

続きを読む

事業主借・事業主貸について

個人事業をしていると避けられない、事業主借と事業主貸。どちらがどちらで、どのような場合に使えるのか、混乱してしまいますよね。 結論から言うと、以下のようになります。 「事業」と「あなた(事業主)(個人)(プライベート)」との間で、 事業主借は「事業が」「あなた(事業主)に」借りる 事業主貸は「事業が」「あなた(事業主)に」貸す 覚え方としては、主語が事業、と覚えてもいいし、間に…

続きを読む

FXの仕訳について

FXの仕訳で、ややこしいと思われるいくつかの例について挙げておきます。 FX収入を事業収入とする場合です。 普通預金からFX口座に入金 (借方)預託証拠金 100,000 (貸方)普通預金 100,000 ※「預託証拠金」の項目がなければ、「預け金」でも。同じことです。「預託保証金」とも言います。 利益が出た (借方)預託証拠金 30,000 (貸方)売上 3…

続きを読む

クレジットカードで払った場合

支払いをクレジットカードで行った場合、帳簿にはどのようにつければいいのでしょうか。 それは、カード(引き落とし口座)が事業用なのか、プライベートなものなのかによって変わります。 1.事業用のクレジットカードの場合 クレジットカード(引き落とし口座)が事業用の場合、購入した日と、カードの引き落とし日の2回、帳簿につける必要があります。 例えば、以下のように計上します。 ・…

続きを読む

経費の領収書がない場合

経費にするには領収書が必要ですが、必ずしも領収書が出る状況とは限りませんよね。 領収書がない場合、ポイントとなるのは以下の点です。 日付 支払い先 支払い金額 支払い内容 これらの情報が記載されていれば、領収書の代用とできます。 レシートはもちろん、クレジットカードの利用明細(請求書ではない)、出金伝票、ネット通販の確認メールなども、領収書の代わりとなり得ます。…

続きを読む

もっと見る